2008年07月25日

カウンセリング東京発のQ&A-1

Q1.面談カウンセリングって結局なにをするんですか?

カウンセラーとの面接(50〜60分)を通して、自分自身を見つめ直し、カウンセラーと一緒
になって、問題を解決するために自由な話し合いや対話を重ねていく場です。
クライエントであるあなたと、カウンセラーが一緒に取り組んで、初めて結果につながります。
ですので、自分の問題を自分の力で解決していきたいという姿勢をもたれている方のほうが、
カウンセリングは上手くいきます。

追記:-1
カウンセリングでは、クライエントであるアナタに自分の話したいことを自由に話して頂きます。
話す内容に、特に決まりもありません。思いつくままに話される方、話す内容をノートに整理し
てきて、そのノートを見ながら話される方。自分の話したいことが思うように言葉にならず、そ
れでも一生懸命お話しして下さる方、ずっと黙って座っておられる方など、面接の様子は様々
です。

追記-2:
カウンセリングが上手くいくかどうかのポイントとなるのは、次の三つです。

1)クライエントが本気であること(どんなに辛くても問題を克服したいという思いを捨てない)
2)クライエントに防衛がないこと(都合の悪いこと、見たくないことでも、正面から直視する)
3)カウンセラーとの信頼関係(これはカウンセラーとクライエントの双方に依存します)

最新のQ&Aへ

自分の悩みを根本解決したい人へ
PC用はここをクリック
ケータイ用はここをクリック


カウンセリングを通信講座で勉強したい人へ
PC用はここをクリック
ケータイ用はここをクリック


      
posted by 心理カウンセラー at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。