2008年07月31日

カウンセリング東京発のQ&A-2

Q2.カウンセリングと相談と、一体どこがどう違うのですか?


相談というのは、相談に来た人に対して、情報や知識を教える、アドバイスをすることです。
例えば、弁護士は法律についての知識や情報を提供し、税理士は税金・税務(財務)についての知識・情報と、それに基ずくアドバイスをします。
そして、相談というのは、具体的な答えがその場でもらえるので、即効性があります。

一方カウンセリングは、クライエントが問題を自分の力で解決するために、カウンセラーは基本的には傾聴と共感的理解に努めます。

クライエントが自由に自分の意思表示をし、自分が思っていること、考えていること、感じていることをカウンセラーに伝えるといった援助的な人間関係(コミュニケーション)によって、クライエントが自ら気づきや洞察を得て、行動の変容を図るものです。

カウンセリングでは、相談と違って、クライエントが自らの意志と力で、自分の問題を解決できるように援助します。ですので、助言や知識の提供は極力しません。

なぜかというと、助言(アドバイス)だけでなく、説明や説得、激励というものは、クライエントが自らの力で問題解決を図ろうとする場合には、援助になるどころか、かえって邪魔になる場合が少なくないからです。

そういった意味では、クライエントは、具体的なアドバイスをもらっても、どうして良いのかわからない。カウンセラーも、どうして良いのかわからない。そういうところからスタートするのが、カウンセリングと言えるかも知れません。

ですから、「あなたはこうなさったらどうですか?」とか、「こうした方がよいですよ」と言われて、問題を解決できるのであれば、相談を受けた方が良いでしょう。しかしながら、アドバイスを受けても、説明や説得、激励をしてもらっても問題を解決できない場合、つまり「それは頭では(理屈では)よくわかっているのだけれど、いざ実行しようと思うとどうしてもうまくいかないし、実行しようという気持ちも起きない」といった厄介な心理的な問題、精神的な問題の場合には、やはり、カウンセリングでじっくり時間をかけて解決を図ることをお勧めします。

追記:
問題に直面すると、私たちはつい「どうすればいいのか?」と、答えを他人に求めたり、委ねたりしてしまいがちですが、それで得た答えは、結局何も役立たないことがほとんどです。

やはり、成功したカウンセリングを振り返ると、クライエント自身が自分の力で暗中模索しながら、自ら答えを求めていった時です。ですが、そうした道のりは、なかなか一人だけでは辿れないことが多く、カウンセラーはその歩みに同行していく役割を担います。

Q&A-1へ

自分の悩みを根本解決したい人へ
PC用はここをクリック
ケータイ用はここをクリック


カウンセリングを通信講座で勉強したい人へ
PC用はここをクリック
ケータイ用はここをクリック


      
posted by 心理カウンセラー at 19:01| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。