2009年01月14日

カウンセリング東京発のQ&A-6

Q6.カウンセリングでは、怒られたり、嫌なことを根掘り葉掘り質問されないでしょうか?

その心配はありません。

カウンセリングでは、クライエントの方のお話をとにかくじっくりと
伺います。

決していきなり怒ったり、詰問したり、お説教したりはしません。

なぜならば、そのような行為が、問題解決には、ほとんど有効ではないことを知っているからです。

以前私のクライエントの方で、他のカウンセリングルームで、自分の親子関係のことをしつこく何度も質問されて、とても嫌な思いをしたと打ち明けてくださった方もいらっしゃいましたが、カウンセリングというのは人間関係を結ぶことともイコールであると考えますので、そういった詰問は、ほとんど意味の無いことだと私は考えています。

カウンセリングで、カウンセラーが努めて心がけていることは、クライアントの方のお気持ちや悩みに共感的理解をすることと、それを言葉によってクライアントの方に適切に伝えるということです。そして、また、クライエントに対して、肯定的な気持ち(配慮)をもって接していくということです。


Q&A-5へ

自分の悩みを根本解決したい人へ
PC用はここをクリック
ケータイ用はここをクリック


カウンセリングを通信講座で勉強したい人へ
PC用はここをクリック
ケータイ用はここをクリック


      
posted by 心理カウンセラー at 14:34| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。