2009年08月10日

仕事に今すぐ自信をもつ方法

「毎日かあさん」でおなじみの西原理恵子さんが、先日NHKの番組の中で、派遣切り問題の話題になった時に次のようなことを語ったそうです。

自分も生活が苦しい時は何でもやった。それこそNHKでは言えないような仕事も・・・若い人たちも、人間その気になれば、仕事を選ばなければ職はある。

このような趣旨の話だったそうです。

私はこの話を聞いて思ったことがあります。

働くということ、仕事をするということにおいて、一番大切なことって何だろう・・・・

西原さんの言うことも一理も二理もあります。

ただ、派遣切りや職探しで苦労している人たちには、その人たちなりの葛藤があることも事実です。

そういう葛藤を踏まえた上で、働くということ、仕事というものを改めて考えてみる。

そこで私は次の事をお伝えしたいと思います。

それは「優秀さよりも誠実さ」だと・・・・・

人間初めから優秀になどなれない。優秀さとか、他人からの評価などは、そう簡単に得られるものではないのです。

ですから、初めから優秀さや人の評価を得ようとしても、やっぱり無理があるのです。

でも誠実さは違います。いきなり優秀な仕事はできないけれど、誠実な仕事ならすぐにできます。

一つ一つの仕事を責任をもってひたむきにやればいいだけです。

そして、人はそうした誠実さによって信頼を得ていく側面もあるのです。

確かに優秀な人の所には人もお金も評価も集まります。だからそうした優秀さを目指すのは構いません。

しかし初めから優秀であろう、評価を得ようというのは難しい。

でも、誠実に仕事をするということならすぐに実践できる。

優秀でも誠実さに欠ける人はいます。そういう人は、長い目でみて本当の意味での信頼を獲得できないかもしれない。

でもひたすら誠実に、ひたむきに仕事をしようとする姿は、周囲の人たちの心を動かします。

そして誠実さによって得られた信頼は厚いものへと変わります。

それに、誠実に仕事を続けていけば、実力もつきますし、結果として優秀さ、周囲の評価へとつながります。

だから仕事を探している人、就活中の若い人、リストラに直面している人たちに、私は「優秀さよりも誠実さ」という言葉を送りたい。

他人の評価や実力はあとからついてくるもの。

はじめに必要なのは誠実さ。そして最後に残るのも優秀さではなく誠実さです。誠実さのない優秀さ、それは巧妙さだけが目立ちます。

真の優秀な仕事、信頼の厚い仕事、そこには必ず誠実な姿勢や態度があります。

仕事の悩み、職場の人間関係相談はこちら

様々な悩みや問題解決、自信をつける方法について読むことのできるプロのカウンセラーの公式PCサイトはこちらで、公式ケータイサイトはこちらです。

(テクノラティータグ)
      
 
posted by 心理カウンセラー at 11:06| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。